竹秋

投稿日時:2008.05.22 (木)  19:09:52カテゴリ:工房 京竹炭

 

竹炭を生業とするのですから、「竹」についてはいつも気になります。


上井手の道路から南側、地蔵院への道の手前付近から見ると、杉の植林山をずいぶん上のほうまで侵食した竹林がつぶさにわかります。
ちょうど今の時期は、「竹秋」という葉枯れのころで、竹藪の部分が枯葉色をしているのでよくわかります。
放置された竹藪は1年で元の面積の7%ほどの広がりを見せるのですから、根の深さが同じような杉やヒノキの植林山はひとたまりもありません。(7%の銀行金利なら、10年据え置きの複利計算で元金の倍!)
写真の中央部分に、一本白い樹木が見えますが、あれは、竹よりも根が深い広葉樹のスダジイです。

枯れて散る前の竹の葉と、新しくでた若い葉が混在するのが「竹秋」の特徴です。

鬱蒼とした放置竹林は、昼なのに入るのも引いてしまうほどの不気味ささえ感じます。

それでも、こんな破竹のタケノコを見るとなんとなくホッとしてしまいます。孟宗竹の、いわゆる「タケノコ」より破竹のタケノコのほうがおいしいと好む人も少なくありません。

竹薮、視点をちょっと変えてみたら井手の財産・・・・・・。
タケノコを採って、親竹の役目を終えた不要竹は竹炭に・・・・。



■コメント

コメント記事はありません。


■コメントを書く